初めてのお客様

遠距離でご利用の方向けGDR3500

GDR3500
通信距離に優れ、電波法上必要な「登録状」も弊社にて取得済みですので、合法的に業務用無線機がレンタルできます。
通信距離は見通しで4km~5kmとなり、屋内でも複数フロアでのご使用を希望の際はこちらの機種をご選択ください。
市街地や建物の構造によって、通信範囲が異なりますので詳しくはお気軽にお問合せください。

GDR3500の構成

本体
・バッテリー
・ベルトクリップ
・アンテナ 選択式:ロングアンテナ・ショートアンテナ
・充電器
オプション
・イヤホンマイク 選択式:耳挿しタイプ・耳掛けタイプ
・スピーカーマイク
・予備バッテリー
・ショルダーストラップ

近距離でご利用の方向けFTH107

FTH107
コンパクトでアルカリ単三乾電池1本で約30時間使用可能です。多少の雨でも問題なくご利用いただけます。
通信距離は見通しで100m~200m程ですので、建物のワンフロア内・屋内との通信の必要のないグラウンドなどでのご使用を希望の際はこちらの機種をご選択ください。

FTH107の構成

本体
・イヤホンマイク
・アルカリ単三乾電池1本/1台
オプション
・アルカリ単三乾電池

使用方法

起動・設定方法

【 GDR3500 】
  1. 【1】本体上部に付いているツマミを時計回りに回して電源をONします。 電源が入ると「ピロッ」と電子音が鳴ります。
  2. 【2】このツマミでチャンネルを合わせます。
  3. 【3】本体左側面の送信ボタン(緑色の縁取り)を押しながら話をします。話を聞いているあいだはボタンを押しても話す事ができません。
ボリューム設定方法
電源ツマミがそのままボリューム設定ツマミになっているので時計回りに回し、適度な音量に調整ください。
【 FTH107 】
  1. 【1】オレンジのボタンを長押し(約0.5秒)すると電源ONになります。電源が入ると「ピッ」と電子音が鳴ります。
  2. 【2】このツマミで音量調節ができます。時計回りに回すと音量が上がります。
  3. 【3】本体左側面の送信ボタンを押しながら話をします。送信(PTT)スイッチを押し続けている間は送信、離すと受信状態になります。
  4. 【4】▲ボタンまたは、▼ボタンを押して、相手と同じチャンネルにします。

通信を行いたい人全員の無線機のチャンネルを合わせます。
⇒同じチャンネルの人同士でしか通信ができませんのでご注意ください。
チャンネル数は、GDR3500で30CH/FTH107で20CHご利用いただけます。

※混線していた場合はチャンネルを変更してください。その際すべての無線機を同じチャンネルに変更し、必ず通話チェックを行ってください。

装着方法・使用イメージ

  • ・本体を背面部のベルトクリップで腰に装着し固定します。
  • ・なるべくイヤホンマイクのコードは上着の中などを通し、外部から見えないようにします。

スピーカーマイクをご利用の場合
⇒通話する場合は、マイクの側面に付いている送信ボタンを押している間、他の方と通信を行う事が出来ます。

イヤホンマイクをご利用の場合
⇒通話する場合は、胸元に付けるタイピンマイクの側面に付いている送信ボタンを押している間、他の方と通信を行う事が出来ます。

充電方法

【 GDR3500 】

⇒付属の充電器を使い充電を行います。4時間~6時間でフル充電となり12時間~15時間ご使用いただけます。

【 FTH107 】

⇒アルカリ単三乾電池での運用となります。電池交換の際は本体底面部分より簡単に電池交換が可能です。

One Point

イベントなどで使用される場合は、オプションのイヤホンマイクのご利用をお奨めしております。
周辺へ音声が漏れずに、スムーズにオペレーションを行っていただく事ができます

無線機では送信時に最も電力を消費する為、長時間の送信や頻繁な送信を行うと、目安より早く充電や電池交換が必要となります。ご不安な場合は、予備バッテリー(オプション)をご用命ください。
バッテリーは容量90%以上の製品を使用しております。またアルカリ単三乾電池は全て新品をお付けいたしております。